薄毛になるメカニズム

男性ホルモンが発毛サイクルを乱す

髪の毛などの体毛は、一生生えたままではありません。一定の長さまで成長すると抜けて、その後又生えてきます。毛は毛根から生えてきますが、毛根は常に残っています。毛が抜けたとしても毛根が活動していればどんどん生えてきます。抜けて生えて成長する時には一定のサイクルがあり、これを発毛サイクルと言います。発毛サイクルが正常なら全体的に均等に髪の毛はありますが、男性に多い男性ホルモンが発毛サイクルを乱すときがあります。この時に成長していないのに抜けたり、抜けた後に生えてこない状態になります。それが薄毛の原因の一つとされています。育毛剤の中には、男性ホルモンに影響を与えて発毛サイクルを正常に戻してくれるものがあります。

頭皮の血行を良くして成長しやすくする

全身には血管が通っていて、その中には血液が流れています。血液の役割は、栄養分を体に送り込み、さらに老廃物などを回収します。この作用がうまくいっていれば、体は正常な状態を維持できます。頭にももちろん血管が通っていて、頭皮にも細かい血管があります。この血管を通じて髪の毛に栄養が送られ、髪の毛がどんどん成長できるようになっています。しかし、頭皮に血液がうまく流れなかったり、毛根に行きわたらない状態になる人がいます。栄養分がないので髪の毛に力がなくなり、薄毛になる可能性が高くなります。育毛剤の中には、頭皮の血行を促進してくれるものがあります。こちらを利用すると、髪の毛に栄養分が行きやすくなり、薄毛を解消できるかもしれません。

© Copyright Hair Restore. All Rights Reserved.